2011年07月30日

Openbox な Arch Linux に Conky

湖池屋 ポリンキー オムライスあじ 58g×12袋 / 湖池屋
湖池屋 ポリンキー オムライスあじ 58g×12袋 / 湖池屋


1、インストール
$ sudo pacman -S conky

Targets (2): wireless_tools-29-4 conky-1.8.1-3
Total Download Size: 0.21 MB
Total Installed Size: 0.62 MB

2、自動起動
$ leafpad .config/openbox/autostart.sh
以下の一行を加える。

conky &

3、設定ファイル作成
$ leafpad .conkyrc


desk001.jpg



ラベル:OpenBox Arch Linux Conky
posted by ABoPON at 20:02 | TrackBack(0) | Openbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

Openbox な Arch Linux 電源を切る及び再起動なメニュー

玄人志向 電源 ATX 400W 105℃コンデンサ 12cm静音ファン 奥行き14cm KRPW-L2-400W / 玄人志向

前回の Openbox な Arch Linuxインストール3 でメニューを作成したのだが、ログアウト(Exit)はあるが、「再起動」や「電源を切る」に当たる項目がない。

「再起動」や「電源を切る」に当たる項目を追加するには ~/.config/openbox/menu.xml を編集する。
$ nano ~/.config/openbox/menu.xml

一番下の方。
arch_open_menu001.jpg


メモ

posted by ABoPON at 07:46 | TrackBack(0) | Openbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

Openbox な Arch Linuxインストール3

ドラゴンクエストメタリックモンスターズ ギャラリー【メタルスライム】[再入荷]【楽ギフ_包装】

前回までで、slimのログイン画面を経て、Openboxデスクトップが起動するまでの設定終了。
関連記事:
Openbox な Arch Linuxインストール1
Openbox な Arch Linuxインストール2

前回作った一般ユーザでログイン。
灰色の何もないデスクトップ画面に、右クリックでメニューが出るのみ。
前回コピーした雛形メニューなので、インストールしていないアプリは起動できない。

まずは、ターミナル xterm をメニューから起動させて、作業を進めていく。

1、インストールや外観の設定をスムーズにすべく以下のアプリをインストールした。
・lxterminal:コピペが可能なターミナル
・rox、pcmanfm、gksu:ファイルブラウザ関係
・leafpad、evince:ドキュメント編集・閲覧
・feh、gpicview:壁紙・画像閲覧
・xarchiver、unzip、lha、tar、unrar:アーカイブ関係

$ sudo pacman -S pcmanfm rox gksu leafpad evince lxterminal feh gpicview xarchiver unzip lha tar unrar

*Firefoxもインストールしておくと、楽にこのページも閲覧できます。
Firefox インストール後ターミナルから、
$ firefox http://archbox.seesaa.net/article/215905286.html

2、日本語入力
iBus と Anthy をインストール。
$ sudo pacman -S anthy ibus-anthy ibus
ibus 起動
$ ibus-daemon --xim &

3、メニューの作成
インストール済みなアプリのメニューが作られる。
$ sudo pacman -S menumaker
$ mmaker -vf OpenBox3
* 前回コピーした雛形メニュー /.config/openbox/menu.xml は上書きされます。

4、解像度を変更
使用環境によって太字の値が違ってきます。
こちらを参考。
$ xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1332 1458 1694 1024 1019 1029 1069 -hsync +vsync
$ xrandr --addmode VGA-1 "1280x1024_60.00"
$ xrandr --output VGA-1 --mode "1280x1024_60.00"

5、autostart.sh を作成
ログイン時に自動起動させる設定ファイル ~/.config/openbox/autostart.sh
$ leafpad .config/openbox/autostart.sh
# 日本語キーボードレイアウト使用できるように
setxkbmap -rules evdev -model jp106 -layout jp
# 解像度変更
xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1332 1458 1694 1024 1019 1029 1069 -hsync +vsync
xrandr --addmode VGA-1 "1280x1024_60.00"
xrandr --output VGA-1 --mode "1280x1024_60.00"
# 日本語入力
export GTK_IM_MODULE=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
/usr/bin/ibus-daemon --xim -d &
# 壁紙 太字は任意の画像ファイル
feh --bg-scale ~/.config/openbox/backgrounds/73999-arch_openbox.png
# Dropboxをインストールしてる場合
/home/username/.dropbox-dist/dropboxd &

壁紙は
~/.config/openbox/backgrounds を作って、そこにコピーしておく。
以下のサイトにたくさんあります。
http://box-look.org/
http://gnome-look.org/
http://kde-look.org/

6、ログインしなおすと、反映される。

関連記事:
Openbox な Arch Linuxインストール1
Openbox な Arch Linuxインストール2

ラベル:SLIM OpenBox Arch Linux
posted by ABoPON at 12:52 | TrackBack(0) | Openbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

Openbox な Arch Linuxインストール2

Arch Linux Handbook 2.0: A Simple, Lightweight Handbook [ペーパーバック] / Dusty Phillips (編集); Createspace (刊)
Arch Linux Handbook 2.0: A Simple, Lightweight ...

Openbox な Arch Linuxインストール1の続き

1、再起動したら、rootでログイン

2、共有パーティションのマウント設定
・共有パーティションのマウントポイントを作る。
# mkdir /media/winD
    :
    : 
*winD は任意

・/etc/fstab の編集
# nano /etc/fstab
/dev/sdXY /media/winD ntfs-3g rw,nosuid,nodev,noatime,allow_other,uft8 0 0
    :
    : 
# XYは環境によって変わる。

3、一般ログインユーザの作成
# pacman -Syu
# adduser

・そのユーザが sudo を使えるようにする。
# nano /etc/sudoers
username ALL=(ALL) ALL

4、ウィンドウマネージャ Openbox と ログインマネージャ Slim のインストール
# pacman -S openbox obconf obmenu slim imagemagick
*imagemagick はログイン画面のスクリーンショット撮影用

・inittab の編集
# nano /etc/inittab

# Boot to console
#id:3:initdefault:
# Boot to X11
id:5:initdefault:

# Example lines for starting a login manager
#x:5:respawn:/usr/bin/xdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/sbin/gdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/bin/kdm -nodaemon
x:5:respawn:/usr/bin/slim >/dev/null 2>&1


・slim の編集
# nano /etc/slim.conf

# Activate numlock when slim starts. Valid values: on|off
numlock on
# see the xinitrc.sample file shipped with slim sources
sessions openbox,
# for avoid pre-loading the username.
default_user username
# randomly choose from
#current_theme default

・/etc/rc.conf の編集
# nano /etc/rc.conf

# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
DAEMONS=( slim)

5、nvidia グラフィックドライバのインストール
# pacman -S xf86-video-nouveau nouveau-dri
# modprobe nouveau
# gpasswd -a username video

・/etc/X11/xorg.conf.d/20-nouveau.conf の作成
# nano /etc/X11/xorg.conf.d/20-nouveau.conf

Section "Device"
Identifier "n"
Driver "nouveau"
EndSection

・/etc/mkinitcpio.conf の編集
# nano /etc/mkinitcpio.conf
MODULES=" nouveau"
FILES="/etc/modprobe.d/modprobe.conf"

・/etc/modprobe.d/modprobe.conf の編集
# nano /etc/modprobe.d/modprobe.conf
options nouveau modeset=1

# mkinitcpio -p kernel26
# mkinitcpio -p linux
* カーネル3.0対応

6、Openbox の下準備
・一般ログインユーザに切り替える
# su - username

・メニューとかの雛形を ~/.config/openbox にコピーする
$ mkdir -p ~/.config/openbox
$ cp /etc/xdg/openbox/rc.xml ~/.config/openbox
$ cp /etc/xdg/openbox/menu.xml ~/.config/openbox

・~/.xinitrc の編集
$ nano ~/.xinitrc

fi
exec ck-launch-session dbus-launch openbox-session
# exec gnome-session

7、再起動
$ exit
# reboot

以上で、slim のログイン画面を経て、Openxbox デスクトップが起動するようになる。
* slim のログインテーマの変更方法はこちら


次回は、各種アプリのインストールと外観設定その1かな。

posted by ABoPON at 11:54 | TrackBack(0) | Openbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

Openbox な Arch Linuxインストール1

【中古】DS 藤堂龍之介探偵日記 亜鉛の匣船- アドベンチャー -

デスクトップマネージャを Openbox とした場合の ArchLinux インストール

1、http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/iso/archboot/2011.05/
archlinux-2011.05-2-archboot.iso
を使用した。

2、CD起動で
「Hit ENTER to enter the bash shell ...」
とでたら、エンターキーでインストールスクリプトが走る。

3、HTTP、FTPネットインストールを選ぶ。

4、basicを選んですすめる。
追加で以下のパッケージを選ぶ。
acpid dbus consolekit sudo
xorg-server-utils xorg-twm xorg-utils xorg-xclock
xorg-xinit xterm xorg-server

5、設定ファイルの編集
/etc/rc.conf の編集
# ----------------
# LOCALIZATION
# ----------------
LOCALE="ja_JP.utf8"
DAEMON_LOCALE="no"
HARDWARECLOCK="localtime"
TIMEZONE="Asia/Tokyo"
KEYMAP="jp106"
CONSOLEFONT=
CONSOLEMAP=
USECOLOR="yes"
VERBOSE="3"

# -----------------
# NETWORKING
# -----------------

HOSTNAME="archo-01"

# DHCPなんで
interface=eth0
address=
netmask=
gateway=

# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
# 追加分
DAEMONS=( acpid dbus)

/etc/hosts の編集
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost archo-02

root のパスワードは設定する。

6、Grub2 を sda にインストール。

7、再起動
# reboot

これで、Arch Linux がランレベル3(GUIなしマルチユーザ)で起動できるようになる。

次回は、Openbox や ログインマネージャ Slim(スライム)等のインストール。


ラベル:OpenBox Arch Linux
posted by ABoPON at 18:37 | TrackBack(0) | Openbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。