2011年07月08日

Fluxbox な Arch Linuxインストール1

リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン / 海洋堂
リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン / 海洋堂


デスクトップマネージャを Fluxbox とした場合の ArchLinux インストール

1、http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/iso/archboot/2011.05/
archlinux-2011.05-2-archboot.iso
を使用した。

2、CD起動で
Hit ENTER to enter the bash shell ...
とでたら、エンターキーでインストールスクリプトが走る。

3、HTTP、FTPネットインストールを選ぶ。

4、basicを選んですすめる。
追加で以下のパッケージを選ぶ。
acpid dbus consolekit sudo
xorg-server-utils xorg-twm xorg-utils xorg-xclock
xorg-xinit xterm xorg-server


5、設定ファイルの編集

・/etc/rc.conf の編集
# ----------------
# LOCALIZATION
# ----------------
LOCALE="ja_JP.utf8"
DAEMON_LOCALE="no"
HARDWARECLOCK="localtime"
TIMEZONE="Asia/Tokyo"
KEYMAP="jp106"
CONSOLEFONT=
CONSOLEMAP=
USECOLOR="yes"
VERBOSE="3"

# -----------------
# NETWORKING
# -----------------

HOSTNAME="archf-02"

# DHCPなんで
interface=eth0
address=
netmask=
gateway=

# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
# 追加分
DAEMONS=( acpid dbus)

・/etc/hosts の編集
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost archf-02

root のパスワードは設定する。

6、Grub2 を sda にインストール。

7、再起動
# reboot


これで、Arch Linux がランレベル3(GUIなしマルチユーザ)で起動できるようになる。

次回は、Fluxbox や ログインマネージャ Slim(スライム)等のインストール



posted by ABoPON at 15:26| Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。