2011年07月08日

Fluxbox な Arch Linuxインストール2

SANWA SUPPLY SMT-1890K ミーティングテーブル 幅1800mm、奥行900mm / サンワサプライ

Fluxbox な Arch Linuxインストール1の続き

1、再起動したら、rootでログイン

2、共有パーティションのマウント設定
共有パーティションのマウントポイントを作る。
# mkdir /media/winD
    :
    : 
*winD は任意

/etc/fstab の編集
# nano /etc/fstab
/dev/sdXY /media/winD ntfs-3g rw,nosuid,nodev,noatime,allow_other,uft8 0 0
    :
    : 
# sdXYは環境によって変わる。

3、一般ログインユーザの作成
# pacman -Syu
# adduser

そのユーザが sudo を使えるようにする。
# nano /etc/sudoers
username ALL=(ALL) ALL

4、ウィンドウマネージャ Fluxbox と ログインマネージャ Slim のインストール
# pacman -S fluxbox slim imagemagick
*imagemagick はログイン画面のスクリーンショット撮影用
・inittab の編集
# nano /etc/inittab
# Boot to console
#id:3:initdefault:
# Boot to X11
id:5:initdefault:

# Example lines for starting a login manager
#x:5:respawn:/usr/bin/xdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/sbin/gdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/bin/kdm -nodaemon
x:5:respawn:/usr/bin/slim >/dev/null 2>&1

・/home/username/.xinitrc の編集
# nano /home/username/.xinitrc
fi
exec ck-launch-session dbus-launch startfluxbox
# exec gnome-session

・slim の編集
# nano /etc/slim.conf
# Activate numlock when slim starts. Valid values: on|off
numlock on

# see the xinitrc.sample file shipped with slim sources
sessions Fluxbox,

# for avoid pre-loading the username.
default_user username

# randomly choose from
#current_theme default

・/etc/rc.conf の編集
# nano /etc/rc.conf
# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
DAEMONS=( slim)

5、intel グラフィックドライバのインストール
# pacman -S xf86-video-intel xf86-video-fbdev
# gpasswd -a username video

・/etc/mkinitcpio.conf の編集
# nano /etc/mkinitcpio.conf
MODULES=" i915"

# mkinitcpio -p kernel26
# mkinitcpio -p linux
* カーネル3.0対応

6、再起動

以上で、slim のログイン画面を経て、Fluxbox デスクトップが起動するようになる。
* slim のログインテーマの変更方法はこちら


次回は、各種アプリのインストールと外観設定その1

新月


posted by ABoPON at 20:47 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。