2011年07月14日

Arch Linux Fluxbox のメニューに追加 スクリーンショット

スナップ・ショット [Limited Edition, Original recording remastered] / ダスコ・ゴイコヴィッチ, エリッヒ・クレインシュスター, ミロス・クルスティック, クレソ・レメタ, アルヴィン・クイーン (演奏) (CD - 2002)

[submenu] (スクリーンショット)
[exec] (全画面) {import -window root ~/desk001.png }
[exec] (矩形選択) {import ~/s001.png }
[exec] (全画面5秒) {sleep 5; import -window root ~/desk001.png }
[exec] (Window ID) {./winid.sh}
[end] # (スクリーンショット)




posted by ABoPON at 08:03 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

Fluxbox な Arch Linuxインストール 音・メディア関係

Alice in wonderword / 古川本舗 (CD - 2011)

1、音が出るように
・Alsa のインストール・設定
$ sudo pacman -S alsa-utils alsa-plugins
$ sudo gpasswd -a username audio
$ sudo alsactl store
$ sudo alsaconf

2、再起動後も音が出るように
・ /etc/rc.conf の編集
$ sudo nano /etc/rc.conf
alsaを追加
DAEMONS=( alsa)

3、映像や音楽を楽しむために
・メディアプレーヤー 及びコーデックのインストール
$ sudo pacman -S mplayer vlc libdvdcss
$ sudo pacman -S `pacman -Ss gstreamer | grep -e '^extra/gstreamer0.10' | awk '{print $1}'`
$ sudo gpasswd -a username optical


posted by ABoPON at 14:05 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

Fluxbox な Arch Linuxインストール 外観設定

よばれてとびでて!アクビちゃん(1) [DVD] / 大平透, 谷井あすか, 野川さくら, 小林由美子 (出演)

flux001.jpg

1、フォントをインストール
kochiフォント:flash文字化け対策
http://sourceforge.jp/projects/efont/
その他のフォントも /usr/share/fonts にコピー。
yaourt 経由でもインストール可能な日本語フォントあるみたい。

2、Firefox 関係
アドオン:xmarks、Adblock plus、Scrap book
テーマ:OfficeBlack
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/office-black/
使用フォントの設定は、編集 > 設定 > コンテンツ > フォントと配色より。

3、Window のテーマ設定
DarkBlack を使った。
http://box-look.org/content/show.php/DarkBlack?content=125244"
展開したフォルダごと /usr/share/fluxbox/styles にコピー。
Windowのテーマのフォントの設定
$ sudo leafpad /usr/share/fluxbox/styles/DarkBlack/theme.cfg
設定例:
menu.frame.font: akubin-8.6
menu.title.font: akubin-9
toolbar.clock.font: akubin:bold
toolbar.iconbar.focused.font: akubin-7.1:bold
toolbar.iconbar.unfocused.font: akubin-7.1:bold
toolbar.workspace.font: akubin-7:bold
window.font: akubin-8:bold

4、GTK+2 のテーマを使う
・必要なパッケージのインストール
$ sudo pacman -S lxappearance gtk-chtheme gtk-theme-switch2 gtk2_prefs gtk-engines

・テーマのダウンロード
テーマ:Gela
http://gnome-look.org/content/download.php?content=142714&id=1&tan=60663428
格納場所 > /usr/share/themes
アイコン:下記サイトから Faenza を選んだ
http://gnome-look.org/index.php?xsortmode=high&page=0&xcontentmode=121
格納場所 > /usr/share/icons
・設定ファイルの作成
$ nano ~/.gtkrc-2.0
例:.gtkrc-2.0 の内容
gtk-icon-theme-name = "Faenza"
gtk-theme-name = "Gela"
gtk-font-name = "あくびん 9"


壁紙の設定についてはこちら。
Fluxbox な Arch Linuxインストール3
posted by ABoPON at 08:55 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

Fluxbox な Arch Linuxインストール3

DRAGON QUEST スマイルスライム ぬいぐるみ スライム L / スクウェア・エニックス

前回までで、slimのログイン画面を経て、Fluxboxデスクトップが起動するまでの設定終了。
関連記事:
Fluxbox な Arch Linuxインストール1
Fluxbox な Arch Linuxインストール2

前回作った一般ユーザでログイン。

slim-0.jpg
初期のデスクトップ画面。xrerm 起動してます。

1、デスクトップ画面が起動完了した後、インストールや外観の設定をスムーズにすべく以下のアプリをインストールした。
・lxterminal:コピペが可能なターミナル
・rox、pcmanfm、gksu:ファイルブラウザ関係
・leafpad、evince:ドキュメント編集・閲覧
・feh、gpicview:壁紙・画像閲覧
・xarchiver、unzip、lha、tar、unrar:アーカイブ関係

デスクトップを右クリックしてメニューからxtermを起動。
$ sudo pacman -S lxterminal rox pcmanfm gksu leafpad evince feh gpicview xarchiver unzip lha tar unrar

*インストールしたアプリをメニューに反映させるには、ひと手間必要。
とりあえず、menu ファイルサンプルはこちらメモ。(menu.txt を menu にリネームし、~/.fluxbox に置く。起動しないものはインストールしてないか、環境が違うからなので要見直し)
*Firefoxもインストールしておくと、楽にこのページも閲覧できます。
Firefox インストール後ターミナルから、
$ firefox http://archbox.seesaa.net/article/213971462.html

2、壁紙設定
・壁紙を ~/.fluxbox/backgrounds にコピーしておく。
以下のサイトにたくさんあります。
http://box-look.org/
http://gnome-look.org/
http://kde-look.org/

・壁紙マネージャ feh の設定
~/.fluxbox/menu の編集
xterm から nano か leafpad で編集。
$ nano .fluxbox/menu
以下の三行を加えると、デスクトップ右クリックで出るメニューから壁紙を選べる。
[submenu] (Wallpaper)
[wallpapers] (~/.fluxbox/backgrounds) {feh --bg-scale}
[end]

一度壁紙を選ぶと、~/.fehbg というファイルができるので、Pcmanfm を起動(xterm から pcmanfm & で起動)後、そのファイルを右クリックしてプロパティー > パーミッションから、「実行可能にする」にチェックを入れる。

3、解像度を変更
使用環境によって太字の値が違ってきます。
こちらを参考。
$ xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1332 1458 1694 1024 1019 1029 1069 -hsync +vsync
$ xrandr --addmode VGA1 "1280x1024_60.00"
$ xrandr --output VGA1 --mode "1280x1024_60.00"

4、日本語入力
iBus と Anthy をインストール。
$ sudo pacman -S ibus anthy ibus-anthy
ibus 起動
$ ibus-daemon --xim &

5、自動起動の設定
~/.fluxbox/startup の編集
xterm から nano か leafpad を起動して編集。
以下を追加した。
# Because it is the last app you have to run it with ''exec'' before it.
setxkbmap jp  #日本語キーボードを使う
#以下4行、iBus日本語入力用
export GTK_IM_MODULE=ibus 
export QT_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
/usr/bin/ibus-daemon --xim -d &
#以下 3行解像度変更用。使用環境によって値が違ってきます。
xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1332 1458 1694 1024 1019 1029 1069 -hsync +vsync
xrandr --addmode VGA1 "1280x1024_60.00"
xrandr --output VGA1 --mode "1280x1024_60.00"
~/.fehbg #前回ログイン時に設定した壁紙自動反映
#以下Dropboxをインストールした場合
/home/username/.dropbox-dist/dropboxd & 

6、ログインし直すと5、の設定が反映される。

次回は、主に Fluxbox の外観の設定。


関連記事:
Fluxbox な Arch Linuxインストール1
Fluxbox な Arch Linuxインストール2

posted by ABoPON at 07:27 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

Fluxbox な Arch Linuxインストール2

SANWA SUPPLY SMT-1890K ミーティングテーブル 幅1800mm、奥行900mm / サンワサプライ

Fluxbox な Arch Linuxインストール1の続き

1、再起動したら、rootでログイン

2、共有パーティションのマウント設定
共有パーティションのマウントポイントを作る。
# mkdir /media/winD
    :
    : 
*winD は任意

/etc/fstab の編集
# nano /etc/fstab
/dev/sdXY /media/winD ntfs-3g rw,nosuid,nodev,noatime,allow_other,uft8 0 0
    :
    : 
# sdXYは環境によって変わる。

3、一般ログインユーザの作成
# pacman -Syu
# adduser

そのユーザが sudo を使えるようにする。
# nano /etc/sudoers
username ALL=(ALL) ALL

4、ウィンドウマネージャ Fluxbox と ログインマネージャ Slim のインストール
# pacman -S fluxbox slim imagemagick
*imagemagick はログイン画面のスクリーンショット撮影用
・inittab の編集
# nano /etc/inittab
# Boot to console
#id:3:initdefault:
# Boot to X11
id:5:initdefault:

# Example lines for starting a login manager
#x:5:respawn:/usr/bin/xdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/sbin/gdm -nodaemon
#x:5:respawn:/usr/bin/kdm -nodaemon
x:5:respawn:/usr/bin/slim >/dev/null 2>&1

・/home/username/.xinitrc の編集
# nano /home/username/.xinitrc
fi
exec ck-launch-session dbus-launch startfluxbox
# exec gnome-session

・slim の編集
# nano /etc/slim.conf
# Activate numlock when slim starts. Valid values: on|off
numlock on

# see the xinitrc.sample file shipped with slim sources
sessions Fluxbox,

# for avoid pre-loading the username.
default_user username

# randomly choose from
#current_theme default

・/etc/rc.conf の編集
# nano /etc/rc.conf
# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
DAEMONS=( slim)

5、intel グラフィックドライバのインストール
# pacman -S xf86-video-intel xf86-video-fbdev
# gpasswd -a username video

・/etc/mkinitcpio.conf の編集
# nano /etc/mkinitcpio.conf
MODULES=" i915"

# mkinitcpio -p kernel26
# mkinitcpio -p linux
* カーネル3.0対応

6、再起動

以上で、slim のログイン画面を経て、Fluxbox デスクトップが起動するようになる。
* slim のログインテーマの変更方法はこちら


次回は、各種アプリのインストールと外観設定その1

新月
posted by ABoPON at 20:47 | TrackBack(0) | Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fluxbox な Arch Linuxインストール1

リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン / 海洋堂
リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン / 海洋堂


デスクトップマネージャを Fluxbox とした場合の ArchLinux インストール

1、http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/iso/archboot/2011.05/
archlinux-2011.05-2-archboot.iso
を使用した。

2、CD起動で
Hit ENTER to enter the bash shell ...
とでたら、エンターキーでインストールスクリプトが走る。

3、HTTP、FTPネットインストールを選ぶ。

4、basicを選んですすめる。
追加で以下のパッケージを選ぶ。
acpid dbus consolekit sudo
xorg-server-utils xorg-twm xorg-utils xorg-xclock
xorg-xinit xterm xorg-server


5、設定ファイルの編集

・/etc/rc.conf の編集
# ----------------
# LOCALIZATION
# ----------------
LOCALE="ja_JP.utf8"
DAEMON_LOCALE="no"
HARDWARECLOCK="localtime"
TIMEZONE="Asia/Tokyo"
KEYMAP="jp106"
CONSOLEFONT=
CONSOLEMAP=
USECOLOR="yes"
VERBOSE="3"

# -----------------
# NETWORKING
# -----------------

HOSTNAME="archf-02"

# DHCPなんで
interface=eth0
address=
netmask=
gateway=

# -----------------
# DAEMONS
# -----------------
# 追加分
DAEMONS=( acpid dbus)

・/etc/hosts の編集
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost archf-02

root のパスワードは設定する。

6、Grub2 を sda にインストール。

7、再起動
# reboot


これで、Arch Linux がランレベル3(GUIなしマルチユーザ)で起動できるようになる。

次回は、Fluxbox や ログインマネージャ Slim(スライム)等のインストール

posted by ABoPON at 15:26| Fluxbox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。